カードローン審査に時間がかかってしまう場合があるのはなぜ?

カードローン審査に時間がかかってしまう場合があるのはなぜ?

カードローン審査に時間がかかりやすいのは、申し込み内容だけでは融資が可能か不可能かの判断が微妙な場合です。現在の段階での借り入れは、貸金業法で定めている総量規制の範囲内で融資の余地はあっても、他社での入金の遅れがあったり、若干の申し込み件数があったりすると、判断が難しく審査に時間を要することがあります。貸金業者側も融資は返済能力がある方のみに融資をおこないたいと考えながら、じっくりと審査を行い融資の可否を判断していきます。時間をかけて検討した上で融資は難しいと判断されれて審査落ちとなってしまった場合は、カードローンの審査基準が異なる消費者金融なら借りられる可能性がまだ残されています。しかし、すぐに審査落ちの結果が出た場合は、何かしらの不備があったのですぐに落ちたのであり、ほかのカードローン審査甘い業者へ申し込みに行っても審査に通るかどうかはわかりません。
また、申し込んだ希望額の金額が大きい場合も、審査に時間がかあります。消費者金融では貸金業法によって、50万円を超えるの契約となる場合は収入証明書が必要となり、提出された書類を確認をしつつ大きな金額の融資が可能かどうかを判断するので審査にも時間を要します。
また、はじめて利用する方で50万円を超える限度額を希望する場合も、審査に時間がかかり即日融資に間に合わない場合もあります。